困っている男性と薬
公開履歴
患者の血圧を測定する医者

ヘルペスは、8つの種類のウイルスが原因となって感染し、発症する病気になります。
ヒトに、感染することが確認されている8つの種類には、単純ヘルペスウィルス1型・2型、水痘・帯状疱疹ウィルス、エプスタイン・バーウィルス、サイトメガロウィルス、ヒトヘルペスウィルス6・7・8があります。
この中には、単純ヘルペスウィルス1型に感染して引き起こされる、口唇ヘルペスがあります。

この病気は、くちびるの周囲に赤い水ぶくれができる状態のことをいいます。
赤い水ぶくれができる前には、皮膚がピリピリしたり、かゆみやほてりなどを感じるようです。
その後ウィルスの増殖が始まりだすと患部が赤く腫れ、1日~3日後には、赤く腫れた患部に水ぶくれができることになります。
この水ぶくれがかさぶたになると、治りはじめるのですが、一般的にはおよそ10日から2週間かけて、症状が回復していくことになるようです。

この病気は、日本人で10人に1人が発症したことがあるといわれています。
感染していても症状が出ない人もいるため、実際にはさらに多くの人が感染していると考えられています。

この他には、単純ヘルペスウィルス2型の病気のひとつである、性器ヘルペスもあります。
ヘルペスはきちんと完治させなければ他の方にうつしてしまうこともありますので、必ず治療薬であるバルトレックスを服用するようにしましょう。
バルトレックスは通常ですと病院で処方しなければ購入できませんが、近年では医薬品を取り扱っている通販サイトからも購入することができます。
再発することが多いと言われているヘルペスの治療のために、事前に通販でヘルペスに効くバルトレックスを注文しておくと良いかもしれません。

また、水痘・帯状疱疹ウィルスによる、水ぼうそうや帯状疱疹もあります。
水ぼうそうは、子どもの時期にかかった経験がある人が多く見られますが、発熱や身体の水ぶくれが治まってかさぶたになり、2週間程度で治っても、体内にはウィルスが潜伏している状態になっています。
このウィルスは、大人になって免疫力が低下した時に、帯状疱疹として痛みを伴う赤い発疹や水ぶくれを、主に身体の片側に発症するといわれています。

記事一覧